指輪

夫婦の永久の誓いを象徴する結婚指輪|いいものを選ぶコツを伝授

事前の確認が大切です

リング

新素材に注目

結婚指輪は、一生身につけるものです。金属アレルギーがある方にとっては、結婚指輪の素材選びは重要なポイントです。そもそも、金属アレルギーは、人のタンパク質が金属イオンによって変質しアレルゲンとなり、人体に影響をあたえることです。普段は、人の皮膚は金属を身につけてもアレルギー反応を起こすことはありません。しかし、汗や体調などによって、金属が溶け出し拒絶反応を起こします。現時点では、金属アレルギーになってしまう体質を、根本的に治療する方法は見つかっていません。しかたがって、金属アレルギーのある方は、反応が出にくい素材の結婚指輪を選ぶことになります。また、事前に静岡の皮膚科で検査をし、どの金属に反応するかを調べておくことも大切です。金属アレルギーになりにくい素材は、ゴールド・シルバー・プラチナとなり結婚指輪にも多く使われています。しかしながら、結婚指輪は硬さを強化するために銅やパラジウムを混ぜています。その割合によっては、金属アレルギーの症状がでる場合もあります。特に、パラジウムに反応する方が多くなっていますので注意が必要です。ゴールドの中でも、最近静岡で人気のあるピンクゴールドやイエローゴールドは、ほぼアレルギーの心配はありません。そこで、最近の技術開発により、金属アレルギーを起こしにくい素材の結婚指輪が登場し、静岡の宝石専門店で販売されています。それらの金属は、バルブメタルといわれチタンやジルコニウム、タンタルなどです。これらの金属は、医療用の人口骨にも使われています。ただし、金属として希少価値が高く加工も難しいため価格は高めとなっています。また、絶対に金属アレルギーが起こらないという訳ではありませんので注意が必要です。静岡で結婚指輪を選ぶ時には、素材などにもこだわって自分たちに適したものを選ぶようにしましょう。